飲む日焼け止めサプリまとめ。3つの紫外線対策が楽すぎて強力…?

飲む日焼け止めサプリ

飲む日焼け止めサプリってご存知でしょうか??日焼け止めクリームを毎日塗るのも大変で、お肌との相性などもあり時間が経つとお肌がかゆくなったりなどのトラブルもあります。

日本での日焼け対策としては日焼け止めを塗る程度で充分にカバーすることもできますが、それでも若い頃からの紫外線対策は本当に大切ですが日焼けを100%防止するには完全武装で毎日過ごすしか無いのですが現実的には難しいです。

紫外線はシミ・ソバカスに繋がる天敵でも有るのでどうにか対策をしたいですが、「飲む日焼け止めサプリが離せない!」という口コミも多くなってきたので美容ケアも含めた日焼け止め対策としてご紹介しますのでシミ・ソバカス、お肌のたるみなどが気になるあなたはチェックしてみてくださいね♡

 

塗る日焼け止めは顔だけで500円玉サイズの量が必要です

飲む日焼け止めサプリ

UVベースローションなどは使いやすいので皆さん利用していると思いますが、顔だけの塗る日焼け止めで日焼け止めの効果を発揮させるには500円玉サイズの量をつけて初めて日焼け止めのSPF/PAの数値の効果を発揮します。(1c㎡辺り2mgとされています。

顔範囲だけを塗る日焼け止めを塗るだけで「0.8mg=500円玉サイズ」の量が必要になるので腕や首、足などの露出部部分を全て毎日塗るということ自体が現実的ではなく、実際に付けると白浮きしてしまう量なのです。

汗や皮脂などの影響で日焼け止めを塗り直すのは2~3時間置きの塗り直しが良いとされているのですがメイクの上からそこまで小まめな塗り直しは出来るはずがありません。=塗る日焼け止めだけでは紫外線をカバーすることは現実的に不可能なのです。

 

塗る日焼け止めの弱点を飲む日焼け止めでカバーする

 

年々増加している紫外線量ですが肌老化の8割の原因と言われています。「塗る日焼け止めで物理的な紫外線ブロック」を行い、「飲む日焼け止めで紫外線の影響を受けにくい状態にする」というダブルの対策で紫外線対策の準備がほんとうの意味で整うということです。

飲む日焼け止めを摂取することで紫外線を浴びた際に体内で大量発生する活性酸素を除去しながら炎症を抑える事で日焼けからのシミや肌老化を防ぐことに繋がるのです。

 

飲む日焼け止めはこのような方におすすめです

 

  • 仕事や家事などで毎日が忙しく、日焼け止めを塗り直す手間がない方や小まめな塗り直しが面倒な方なども毎朝規定量飲むだけで日中の飲み直しなどもなくUVケアができるので面倒な方にも多忙な方にもおすすめです。
  • 日焼け止めを塗ることが出来ない箇所の日焼け止め対策として利用できます。唇や目、頭皮や髪などの部位から肌露出しがちな首筋から足などの部分などのUVケアにぴったりです。
  • 敏感肌でSPFの高い日焼け止めで肌荒れを起こしてしまう方や、日焼け止めを塗り習慣がない方から男性まで匂いやベタつきなどの不快感もなく利用できます。
  • アウトドア派の方で外出の機会の多い方やスポーツなどを屋外で行っている方なども長時間紫外線にさらされている方も日焼け止めでは塗りムラや、汗や皮脂での日焼け止め落ちの心配なく紫外線対策を可能にします。

 

2粒で24時間飲むUVケアが続き抗酸化で紫外線と光老化をシャットアウト出来ます♡

光老化防止

時代は塗る日焼け止めから飲む日焼け止めへと変わっています。

もちろん塗る日焼け止めと飲む日焼け止めの併用がおすすめですが手軽にUV対策を一日中出来ます。

塗る日焼け止めでは防ぎきれなかった紫外線も隙間なくカットできるので外出の際の飲み直しの手間などもなく若々しいお肌を保つ美肌ケア対策にも繋がるので一気両得となります。

 

医師監修の飲む日焼け止め対策

  • 送料無料でいつでも休止、解約もOKだから面倒なし!
  • 今だけ特別価格て提供中!

 

 

3つの紫外線対策とは?紫外線A波、B波、C波の基礎知識

 

実は紫外線といっても紫外線にも種類があり、紫外線A波(UVA)・紫外線B波(UVB)・紫外線C波(UVC)の3つがありそれぞれ異なる紫外線で異なる影響が有ることをご存知でしょうか?

  • 紫外線A波(UVA)・・・生活紫外線と言われ、室内や窓ガラス越しでも浸透して肌に到達する紫外線でシワ・たるみ老化の原因。
  • 紫外線B波(UVB)・・・レジャー紫外線と言われ、屋外での日焼けなどで炎症を起こしシミ・ソバカス等の色素沈着の原因となる紫外線。
  • 紫外線C波(UVC)・・・地表には届かない紫外線ですが、オゾン層でカットされるので通常影響がない紫外線。

 

この3つの紫外線で最も日常生活で密接した関係性が有るのが「紫外線A波(UVA)紫外線B波(UVB)」ですが、最も気になるのが地表まで到達する紫外線A波(UVA)です。

紫外線トラブルの9割が紫外線A波(UVA)の影響と言われている程、日常生活に密接に関わり合いがありお肌への影響も受けやすいのが特徴でシワや肌のたるみの原因も紫外線A波の影響でも有るので注意が必要なのです。

 

紫外線A波は日焼け止めでも防げない?紫外線A波には保水機能と肌バリアがキモ

 

紫外線A波(UVA)は生活紫外線とも言われる程に密接に関わっていて、窓ガラス越しでも浸透してお肌に影響のある紫外線なので防ぎ切る事は難しいのです。

従来の塗る日焼け止め対策は通常紫外線B波を想定されているもので、あくまでもレジャー紫外線対策です。日常の生活紫外線対策までは塗る日焼け止めを塗ることできっちり対策することは不可能に近いということになるのです。

このような過酷な状況下で対策をしていくのが「紫外線対策」なのです。だからこそ日焼け=乾燥肌を解消しながら紫外線に負けないお肌の状態にしてターンオーバー周期を整えることで、肌に水分があり肌バリア機能が発揮させて自己防衛できるお肌づくりをすることが出来るのです。

塗る日焼け止めが「外部からの紫外線対策」で、飲む日焼け止めが「内部からの紫外線対策」に位置するのでどちらも必要不可欠な要因になってくるのです。

 

塗る日焼け止め対策の最大敵が面倒という自分の手間

 

従来の塗る日焼け止め対策では塗り直しやお肌のベトつきやテカリやムラ、お肌のかゆみ、化粧崩れや衣服に付着などのトラブルの原因や面倒な手間なども増えてしまいがちです。

何よりも見逃せないことが9割の方が日焼け止めを塗ることが面倒だと思っていることが紫外線対策を遠ざけている要因になっているということです。

美肌を保つためには、毎日の肌ケアから生活習慣(食生活など)や睡眠も整えないとシミ・ソバカス、肌のたるみシワなどの原因になります。だからこそ日焼け止め対策は万全にしておきたい所ですが、飲む日焼け止め対策にも多くの壁があるので、きっちり対応することはすべての人が出来ることではないのです。

 

楽して紫外線対策をしたいから飲む日焼け止めサプリで紫外線対策

 

紫外線を浴びると防御作用としてメラニン色素が発生し黒くなり、紫外線の防御作用の必要がなくなると剥がれ落ちるというターンオーバーのサイクルがあります。

ですがお肌の防御機能がキチンと機能していないとお肌のターンオーバーの際に紫外線からの防御作用のメラニンが肌から落ちる前にターンオーバーをしメラニンを溜め込みやすい肌環境にしてしまうのです。

そして日焼けするということはドライ肌でも有るという事で、お肌の内部ケアだけではなく美容ケアも含めて飲む日焼け止め対策も取り入れた方が断然楽で、年齢とともにメラニンによるくすみやたるみの原因を排除することが出来、自分本来の肌バリア機能を働かせる事ができるので合理的な方法と言えるのです。

>>ドクター監修のもと生まれたドクターズサプリがこちら

 

紫外線を全てカットすることができないから両方の対策がオススメ

 

塗る日焼け止め対策では全てカットすることはできませんし、飲む日焼け止め対策だけでもすべてをカットすることはできません。だからこそ枚にとの生活の中での負担にならない飲む日焼け止めサプリが注目を集めています。

飲む日焼け止めサプリは美容ケアにもなるのでお肌の防御機能を働かせる方法でもあります。しかも毎日お肌に塗ったり塗り直しをしたりベタベタしたりするストレスなく毎日飲むだけのシンプルな日焼け止め対策なので今の時期から日焼け止め対策として始めてみてはいかがでしょうか。

試す価値は充分にある紫外線対策ですよ。

→飲む日焼け止めサプリが今だけ45%OFF(公式サイトはこちら)

>>https://www.drs-supple.jp/

飲む日焼け止めサプリ

この記事が気に入ったらグラハピを”イイね”

グラハピのLINE@始めました♡

グラハピからキレイになりたい...と思う女性の為の美容・健康やダイエットなどの裏情報を配信しています。お気軽にお友達追加よろしくお願いします♡