適応障害とうつ病の症状の違い。退職~復職に向けての対応策

適応障害対策

環境の変化や働き盛りの世代に多い適応障害は「変化」が大きなポイントになっています。今回はストレスなどで気力が沸かない等の憂鬱や不安等の「心の症状」と、

不眠や動悸倦怠感等の「身体症状」、暴飲暴食やアルコール依存等の「行動の症状」などの症状が現れるまさに現代病の「適応障害の対応策」をピックアップしてご紹介するので、働き盛りのあなた!ぜひチェックしてみてくださいね♡

 

慢性化でうつ病に…適応障害のサインを見逃すと難航する

 

適応障害障害の症状としては精神面の「不安やイライラ、焦りや抑うつ症状」から行動面の「暴力行動から暴飲暴食、無謀運転」などの攻撃的な一面も症状の一つと言われています。

多くは誰も経験のある症状だけに、自分が適応障害であるという事に気づかなったり、軽視したり無理をして結果的に慢性化しうつ病にまで発展してしまうケースが多いです。

少しでも早い病気のサインに気づき不眠症状や倦怠感などからくるトラブルに発展しない為にも、これらの心身に現れる症状(サイン)の頻度に周りの人間や本人が気づくことが適応障害を慢性化させない為のカギになります。

 

ギャップから生まれるストレスが大きく起因

理想と現実のギャップ

適応障害は自分が今置かれている環境や状況に適応することができないギャップから生じる過度なストレスに起因して発症します。

人間関係のトラブルから金銭問題、職場環境や生活環境の変化など努力で環境に適応することができない場合にストレスから心身に不和が生じて結果的に心身バランスを崩してしまう結果につながっています。

ストレス耐性にも個人差はありますが、これらのキッカケによる心因の問題は基本的には簡単には解決できるものではありません。

そして原因も一つだけとは限らず常に二次ストレス、三次ストレスと状況を悪化させていく可能性を秘めているので治療が長引いたり回復困難にまで発展してしまう可能性が高くなっています。

 

脳機能障害のうつ病予備軍が「適応障害」

 

基本的にうつ病は適応障害や自律神経失調症等の「精神的ストレスや心身ストレス」などの多様なストレスから脳機能に弊害がもたらされた状態のことです。

適応障害や自律神経失調症などと症状としては似ている部分もありますが、抑うつ状態が常に継続している点や過度な罪悪感や自傷などにも発展するケースも多いので適応障害だからといって油断することはできません。

適応障害はうつ病の予備軍であり慢性化させると厄介で再発防止の面でも非常に重要な時期とも言えるので「適応障害の症状の時に無理をしない」事が重要となるのです。

 

働き盛りの強い心的ストレスから適応障害からうつ病に発展するケースが主流

厚生労働省労働安全衛生調査

(引用元:厚生労働省労働衛生調査

現代病とも言われているうつ病は、働き盛りの世代に最も発症するケースが多いことが厚生労働省の労働衛生調査結果からも見て取れます。

仕事上のストレス調査

(引用元:厚生労働省労働衛生調査

このように働き盛りの世代の仕事の質や量、仕事上の失敗や責任、セクハラ・パワハラなどがキッカケで強いストレスを感じている方が多いことがわかります。

この結果からも働き盛り世代の突然死やうつ病などによる労災被害などが多くなっている理由も見て取れるからこそ、働き盛りの世代の環境の変化や思わぬキッカケで命取りにもなってしまうので要注意です。

 

適応障害による退職から復職に至るまでの流れ

 

適応障害になり退職を選択する勇気と不安、そして復職までの不安など適応障害で現実とのギャップの間でどん底の状態で退職を迎える人がほとんどです。

ですが退職して環境不和から脱出しストレッサーから離れて静養することで、ストレスの対処方法や再発を予防するする術を学ぶ期間もできストレスと上手く付き合い、自分の思考パターンや思考グセなども探る良い機会になります。

 

ゆっくり休んで思考パターンを探り感情をコントロールする

 

自分の感情をコントロールする術を学ぶ機会にもなるので、マイナス思考による些細なことでのストレスなども軽減されるので、結果ストレス耐性を高める良い機会となっているケースが多いのも事実です。

いずれにしても、心のストレスを軽減することが精神疾患の治療や対策としては第一歩になり復職に向けて準備をしていく段階でも有るので柔軟な思考でポジティブ思考へと切り替えられるように環境改善していくことが大事です。

 

ストレス状態を受け入れて、他人と比較せずに前向きな気持で復職へとステップアップする

 

自分のストレス状態を正しく認識して、一歩づつ一歩づつ前に進み一人で悩まずに自分の信頼している人や専門医などに相談して一歩引いた冷静な目線の意見も聞きながら問題解決をしていってくださいね♡

うつ病や適応障害も長い人生の中のあなたの成長の糧になり得る出来事です。

抑うつ状態でネガティブ思考から思考パターンも改善しながら、よりあなた自身が活躍することができるフィールドはたくさんあります。

適応障害を乗り越えて毎日笑顔で過ごせる日は必ず訪れるので今の自分を受け入れてまずは治療に専念してくださいね。そして心身ともに改善していくには不眠は必ず解決しなければいけない問題です。

そんな適応障害の不眠症などに良いと言われているのが「薬に頼らない睡眠s」なので活用してみるのも良いかもしれませんね。

適応障害対策

この記事が気に入ったらグラハピを”イイね”

グラハピのLINE@始めました♡

グラハピからキレイになりたい...と思う女性の為の美容・健康やダイエットなどの裏情報を配信しています。お気軽にお友達追加よろしくお願いします♡