太った?=デブ。モテる女子になる為のダイエットのホントとウソを徹底解説!

 

「あれ?太った?」

 

忘年会で久しぶりにあった友人からのストレートパンチ・・・。これは効きました・・・。自分でも薄々気づいてはいました。去年より太ってるって。でも、ストレートに言われちゃうと、グサッときましたね。

 

今までダイエットを本気でしようと思わなかったのは、「悔しい!」っていう気持ちが芽生えなかったから。

 

「ゆる~く頑張ればいいっしょ」

 

本気で痩せたいならそんな甘えは不要です。【絶対痩せてやる】という気持ちがあればスタートラインに立てることが出来るんです。そんな本気で痩せるやる気スイッチを押して欲しい人への正しいダイエットの知識をまず知ってもらいましょう。

 

説得力が有るのは実績のあるライザップ総括トレーナー幕田純さん

 

【体が変わると、人生までもが変わる】

 

そう語る、幕田さん。数多くの人のダイエットを成功させたカリスマトレーナー別名ダイエットの神!みんなが勘違いしがちなダイエットの知識をまとめて解決してくれます

 

どんな脂肪も「落ちない脂肪はない!」あの子よりも痩せるには、この知識を知るべきなんです。では具体的にいきます!

 

冬は脂肪が燃焼しにくい?

 

 

◯!おそらくほとんどの人は汗をたくさんかくということから夏の暑い時期こそが痩せる時期だと思っているようです。でも夏は体が熱くなることを自然と体が体温を下げようとしているため汗をかくことで体温を下げます。ですがただ汗をかいているだけで脂肪は燃焼されているわけではないのです。

 

つまり、寒い冬こそが夏と全く逆で体をなんとか温めようとする機能が基礎代謝を上げることにつながり、体を温めようとすることが筋肉を使うことになり代謝に繋がるのです。寒い時期こそカラダにたまった脂肪は燃焼されます

 

ガクガク震える寒いところに15分程度いるだけで、なんと、135キロカロリーも勝手に消費されます。だからといってむやみに薄着で寒いところにいすぎると体調を崩しますのでほどほどに・・・。

 

ビールはお酒の中でも太りやすい?

 

 

◯!ビールはアルコール以外に糖質、タンパク質が含まれているため太りやすい傾向にあります。更に炭酸ガスや苦味のあるホップ成分には食欲増進効果があるため、注意が必要です。「ビール腹」と言う言葉があるように、ビール腹になるのは中年男性だけではありません。女性もお腹に脂肪がつきやすくなります。

 

太りにくいお酒というと、焼酎やウイスキー・ブランデーです。これらは糖質やタンパク質などが含まれていませんので太りにくいといえます。ただ飲みすぎると太りにくいとはいえませんから、水やお湯で割ったり、おつまみを食べすぎないなど、食べ方や飲み方も意識しましょう。

 

高カカオチョコならダイエット中に食べてもOK?

 

 

◯!太りそうなチョコレートがダイエット中に食べられるなんて信じられないのではないでしょうか?確かにチョコレートは高カロリーなのですが、脂肪分解酵素リパーゼの働きを抑え、脂肪が血液中に残るのを防ぐため、体脂肪率は上がりにくくなります。

 

しかも食前に食べると、血糖値がすばやく上昇するので食欲が抑えられるのも肥満予防に繋がるのです。ただし、カカオ90%以上のチョコレートを選びましょう。そして一日に食べる量は、手のひらの半分くらいにしないと当然太ってしまいますから注意ですよ。

 

野菜ばかり食べると痩せる?

 

 

✕!野菜ばかりの栄養ではバランスが崩れ、体内に水分や老廃物が溜まっていく一方になってしまいます。やはり野菜だけではなく、タンパク質や脂質も必要になります。

 

野菜ばかりを食べてダイエットをすると筋肉が減ります。すると体重はその分減りますので痩せたと勘違いするのです。でも筋肉が減ると基礎代謝も落ちてしまうため、疲れやすくなったり、少し食べただけで脂肪に変わったり、結果痩せにくいカラダにしてしまうのです。

 

糖質制限をして痩せてもやめたらすぐリバンウンドするの?

 

 

✕!今年流行った糖質制限ダイエットですが、糖質制限後すぐに暴飲暴食をすれば当然リバウンドしてしまいます。ですが徐々に糖質を戻すようにすれば問題はありません。

 

今まで糖質を含むご飯やパン、麺類など美味しいものばかりを制限していたと思います。制限し始めた頃も極端に減らしてはいないと思います。頭がぼーっとしてしまいますからね。それと同じで制限をやめるときも、徐々に戻すようにすればリバウンドをすることはないでしょう。

 

脂肪を落としてから筋トレしないと逆に太る?

 

 

✕!「筋肉って脂肪より重たいんでしょ」ということを昔からよく耳にしていたため、有酸素運動などをしてから筋トレしないと意味が無いと思っている人も多いでしょう。

 

でも筋肉をつけることで脂肪が落ちやすくなるので、脂肪がある状態でも筋肉を付けるほうが痩せやすくなります。痩せるために鍛えると良い筋肉は体幹です。「胸・背中・お腹・足」の筋肉を付けることで消費するエネルギーが大きいので美しいボディを作ることが出来るんです。

 

ただし筋肉痛のときはお休みしましょう。筋肉が回復する時にまた筋トレをすることによってさらに丈夫な筋肉へと作られるのです。

 

ヨガでは痩せられない?

 

✕!ヨガは体の内側からも外側からもキレイになることが出来ます。ヨガは呼吸法なので有酸素運動効果として体脂肪が消費されやすくなります。続けることによって全身の無駄なお肉がスッキリし、各部位に効くポーズをゆっくり行うことによって筋肉を刺激させていく無酸素運動効果も期待ができるのです。

 

運動をやめると筋肉は脂肪になるの?

 

 

✕!一度ついた筋肉は脂肪に変わりません。なぜなら、物質が全く違うものだからです。筋肉の主な成分は「タンパク質」、脂肪の主な成分は「脂質」です。

ただ、筋肉量が落ちると代謝が下がり脂肪がつきやすくなってしまうので太る可能性は高くなりますから注意しましょう。

 

痩せる=生まれ変わる試練

 

ほとんどの女子なら一度は経験したことある「ダイエット」。キツイのは知ってるよね。食べたいのを我慢して食事制限したり、しんどい思いをして運動をしたり、それでも思い通りに痩せない、となるとやる気が一気にダウンして続かない・・・。皆んなその繰り返しだと思います。

 

でも、ダイエット成功者から言わせてもらうと、ハッキリ言って「痩せたらモテます」。これ、絶対。

 

顔のお肉が減ることによって自然と目が大きく見えて、メイクが楽しくなるし、手足も細くなるからいろんな服をチャレンジできてファッションが楽しくなる。今までに体験したこと無いような楽しいことがたくさんあるんです!

 

ダイエットに成功すると良いことしか無くて、デブだと男は逃げていくし、痩せているだけで男性にモテるものです。

 

これこそ、女の子に生まれた特権なので1キロでも痩せることには意味があります。

体脂肪を減らすには基礎代謝を上げることが必要不可欠になってきます。最優先で体重を減らしたい方には変わらずライザップはオススメですよ。

 

 

体脂肪を減らしてビキニが似合う身体になれる♡

カウンセリングしてみるならこちら : https://www.rizap.jp/

この記事が気に入ったらグラハピを”イイね”

グラハピのLINE@始めました♡

グラハピからキレイになりたい...と思う女性の為の美容・健康やダイエットなどの裏情報を配信しています。お気軽にお友達追加よろしくお願いします♡