お正月前必見!これで集合写真も怖くない撮影最強テク4選

 

毎回可愛く写ってる子っていますよね。実はその彼女は劇的に写真写りがよくなるマル秘テクを実践しているだけ。

「写真写りが実物より悪くなってしまう…」と諦めてしまうのはまだ早い!様々なテクニックと小技を利かせてキラリ光る自分に変身。

 

女子会、忘年会、新年会、同窓会など、プロのカメラマンに聞いた、今すぐ写真写りがよくなる方法をこっそり教えます。

 

4つの場面で写真写りが劇的になる方法

今回はよくあるシチュエーション別にポイントを絞ってみました。

 

女子会の写真写りがイマイチな方が実物よりも美しくなる秘訣

 

たかが写真、されど写真。写真に撮った(撮られた)以上、SNSにアップされる可能性も十分ありますから何も考えずに撮るのはもったいないです。

せっかくなら美人に写りたい。それが本心ですよね。

 

お店の人に撮ってもらうシチュエーションもあると思います。
そんな時はテーブルから離れて撮ってもらうようお願いしてみましょう。

 

そうする事で両端の人が横伸びしてしまう事が防げます。
離れてズームしてもらう。これ鉄則です。

 

ポイントは顔周りを意識すること

既にSNSなどを見ていると習得し活用している方けっこういますが、まだの方は必見。

 

  • 小物で小顔を演出
  • 光の反射を最大限に活用
  • 自然な頬杖で小顔効果

 

グラス。必ずあるアイテムですよね。顔の側まで近づけるだけで輪郭がシャープに写ります。グラスの縦のラインが強調される事によってシュっとしたフェイスラインを演出できる効果があります。
できれば飲み物が入ったグラスが自然ですが、スマホや食材が守られたお皿なども効果があります。小物がない場合は、ピースサインも頬あたりで作るだけでも縦のラインが強調されていい感じに写ります。

 

間接照明を使ったお店やテーブルが濃い色だった場合、顔がくすんで見えてしまうんです。明るい色の服を着ていればまだしもくすみがちなベージュ系や、グリーン系を着ている時などは予め白いハンカチを持っておくとそれだけで顔映りが明るくなります。テーブに置いたり膝の上に置くだけでも全然違います。

 

頬杖は本当に頬杖をつくというよりも、そっと顔に添えるのがポイント。片手でそっと手を添えるだけでかなりの小顔効果と、リラックスした写真の演出にもなります。
写真は撮り慣れていないとつい緊張してしまって、固まったポージングになりがち。リラックスしている様子や、料理を楽しんでいる様子の方が改めて見た時は自然に感じるものなのです。

 

集合写真は立ち位置を意識して直立不動回避

 

 

集合写真あるあるとして、直立不動があげられます。
撮ったあと見返してみると面白みのない写真になってしまう。そんな悩みが多く聞かれるのもこの集合写真です。

 

集合写真で大切なことはどこに立つか。と言うこと。
実は後列の両サイドがベストなポジションです。理由は体の角度を中心に向ける事で半身になりスマートに見えるからです。
角度が正面や前列はどうしてもスリムに見せることは難しいと言えます。

 

しかしテクニックを駆使すれば、前列でもスリムに見せることもできるんです。

前列にどうしても座らなければ行けないときは、体は正面よりもやや斜め向きにし、かるく頬杖を添えるようにします。

 

ポイントは正面でも、端でも半身になり後列は少し背伸びする。
前列は頬に手をさり気なく添える。これだけでも見違えるように見栄えする写真に大変身します。

 

自撮りをグログにアップもこれで怖くない最強テクニック

自撮りの場合、顔をアップして撮っている芸能人やインスタグラマーを多くみかけますよね。

 

いわゆる「寄りの写真」で一番ネックになるのは上顎の部分のもたつき。
片方の上顎や頬に小物や飲んでいるドリンクを添えるだけで顔の輪郭はかなりシャープに見せることが出来ます。

 

外出先で撮影する時、帽子などをかぶっている場合には顔まわりが暗く写って印象が台無しなのでライティング効果を利用し明るい場所を選んで撮影するようにします。

 

一番綺麗に映る時間帯と方角がある

 

写真撮影はちょっと工夫するだけでいいものになったり、全くダメになったりするものです。自然の採光を見方につけて写真撮影することもとても重要です。
雑誌リンネルの表紙を撮る際、自然体にするために敢えて朝の自然の光を利用して撮影するそう。自然にあるものを活用することもとっても重要です。

 

画面は斜めに使うことを意識して撮影

アップは頭を切るように撮るとそれだけでスタイルがよくなります。
全部を入れようとせず思い切って撮影しない部分を作る事で体型カバーができる。ということを頭の片隅においておきましょう。

 

撮影最強テクまとめ

あー、あの子何気に意識してるーって思われてるんじゃないか?と恥ずかしがっていては綺麗に見せる事は出来ません。
自分をここぞという時に輝かせるテクニックを身につけておけばいざという時に自然な振る舞いとしてでてくるようになります。

 

もしまだ撮影テクニックを使ったことがないなという方は、先ずは自宅で自撮りして研究してみましょう。
すると自分の写り方、できれば隠したほうがいい所など色々発見があるはずです。

 

芸能人の皆さんが常に美しいのは、公の場にいつ写真がでてもいいように研究されつくされているからです。
やり過ぎは不自然なので止めた方がいいですが少し意識してみるだけで今年の写真はぐっと魅力的なあなたに近づけますよ。

この記事が気に入ったらグラハピを”イイね”

グラハピのLINE@始めました♡

グラハピからキレイになりたい...と思う女性の為の美容・健康やダイエットなどの裏情報を配信しています。お気軽にお友達追加よろしくお願いします♡