胸は残して痩せたい!バストダウンしないバストキープダイエット

胸は残してサイズダウン

ダイエットをしようと思った時にまず痩せてしまうのが「胸」…という女性も多いかと思いますが、芸能人でも熊田曜子さんは典型的な胸をサイズダウンせずにダイエットに成功している女性です。

 

バストの脂肪自体が下半身よりも脂肪燃焼しやすい特徴があるので、実際にどの様にしてバストキープしながらダイエットに成功していくのか?を知っておくとメリハリボディーを手に入れることができるので覚えておいて下さいね♡

バストキープで痩せるには筋トレと揺れを抑えた運動がコツ

バストキープで痩せたいなら「胸の揺れ」を抑えたエクササイズと「胸を支える大胸筋」を鍛えてクーパー靭帯を伸ばさない事が全年齢に当てはまる外せない要因です。ダイエットの際にまず最初に取り入れてしまいがちな「食事制限」も胸から痩せてしまう原因になってしまうので食事制限よりも部分痩せを重視しておく必要があります。

 

時間もないし面倒という方は、部分痩せ専門の痩身エステ体験が不要な部分だけを削ぎ落とすことが出来るので健康的に最短で痩せることが出来るのでおすすめです。

胸の揺れがサイズダウンの最大の敵!?

 

バストダウンの最大の敵が胸の揺れで、脂肪燃焼効果を促進してしまいながら胸の型崩れの原因(左右非対称や胸の垂れや黒ずみの原因)にもなってきます。←これをクーパー靭帯のダメージと言いますが、下記にて解説します。

 

有酸素運動自体はダイエットに欠かせない存在ですが可能であればランニングよりもウォーキング。ランニングするならスポーツブラ。更に言うと、ゆったりとした有酸素運動のヨガやピラティスなどの方がバストキープダイエットには適しています。

クーパー靭帯を守らないとバストの下垂の原因に!

胸には「クーパー靭帯」と呼ばれる胸を吊り上げている女性にとっては重要な靭帯があります。

 

この「クーパー靭帯」は一度切れたり伸びてしまうと二度と再生することが出来ないので、ブラトップが楽だからブラジャーはしていない…という方は早い段階の年齢で垂れ乳になってしまう可能性大です。ブラトップしか付けていないよ、という方はこちらも参考にどうぞ。

ブラトップを毎日つけた結果、垂れ乳に!ハリを取り戻す確実な方法

2017.01.04

クーパー靭帯自体は外部刺激に弱いので下垂を予防、抑止する上でも大事なことなので大事にしておきましょう。

 

バストの下垂自体は20代から始まってくると言われ「バストの下垂は加齢と相関関係」にあります。

加齢により弾力自体も衰えてくるのでバストキープするためにも現状のバストに合わせたブラ選びは何歳になっても大事なことので面倒ですがブラ購入の際にはバストの変化に合わせたブラジャー選びをオススメします。

大胸筋を鍛える事と食事制限がもたらすバストへの影響

ダイエットで一番に気を取られがちな事が「体重の変化」ですが、体重の変化よりも大事なことが「体脂肪の変化」で体重の増減で一喜一憂するよりも、代謝が上がって脂肪燃焼する身体にしていくほうが健全です。

 

女医
胸の脂肪は下半身などに比べると落ちやすい部位なので当然大胸筋を鍛えることで胸の土台ができるのでバストの引き上げ効果も有ります。

 

胸のサイズを落とさずにバスト自体をデコルテ部分に引き上げることが出来るので大胸筋を鍛えることはおすすめです!

 

自分でできる自重筋トレなのでジムに通う必要もないので忙しい方も誰でも出来るので覚えておいて損なしです。

大胸筋の鍛え方は?

女性の場合のバストアップなどの場合の大胸筋の鍛え方は腕立てやベンチプレスなどでなくても、シンプルで簡単な方法でも効果を得られることが出来るので参考に初めてみてはいかがでしょうか。

  • まずは、合掌のポーズで中心に向けて力を入れたまま30秒間/3セット

それとプラスして、引っ張りの力を使いトレーニングします。

  • 紐やタオルを用意して胸の筋肉を意識して引っ張った状態で30秒間/3セット

誰でも自宅で出来るトレーニングなので継続して毎日チャレンジしてみて下さい。

抗重力筋をつけることで姿勢の矯正にもなりS字ラインを作ることが出来ます

抗重力筋とは「重力から姿勢を維持するための筋肉」のことで、「抗重力筋(腹筋、背筋、お尻、体幹、太もも、ふくらはぎなど)」の筋肉をつけることで姿勢の矯正にも繋がり、キレイな姿勢とキレイなボディーラインを作ることが出来ます。

 

姿勢を司る抗重力筋も合わせてトレーニングすることで、姿勢までキレイになるのでより一層女子力も高まり、自信にも繋がるのでリバウンドの心配もなく、痩せ体質になっていきます。

 

抗重力筋に関しては、毎日生活の中で負担にならない程度の抗重力筋を鍛える運動が重要で、日常生活で使うことがない筋肉だけに継続が大事になってきます。

 

どうしても継続が面倒であったり、もっと簡単に痩せたいと思うのであればエムキューブと呼ばれる強制的に寝たまま筋トレすることが出来るマシーンもこちらで体験できるのでおすすめです。

エムキューブで寝たまま楽して筋トレが出来る

胸を小さくしないダイエットまとめ

結局ダイエットの際には下半身よりかは、上半身の方が痩せやすいです。なぜなら上半身の方が心臓から近いので脂肪燃焼しやすく、下半身は冷え症などになりやすいのと共通してダイエットの仕方に寄っては痩せにくい箇所になります。

 

筋肉自体は大きい筋肉からつけていくのが基本になりますが、バランスのとれたS字ラインを作るのは気になる部分を的確に部分痩せしていく必要があります。

 

それらも含めて自分に合った継続できるダイエット方法を選ぶことがバストキープダイエットでは大事な用意になってきます。胸やお尻などの女性としての必要な象徴ラインになる部分は残しながらメリハリボディーを作ってみて下さい。

 

この記事が気に入ったらグラハピを”イイね”

グラハピのLINE@始めました♡

グラハピからキレイになりたい...と思う女性の為の美容・健康やダイエットなどの裏情報を配信しています。お気軽にお友達追加よろしくお願いします♡