「垂れたお尻=おばさん」に!?どっしりヒップの原因は●●にあった!


お尻がデカイ・・・
スキニーを履いた時のお尻がだらしない・・・
ダイエットをしてもお尻は痩せない・・・
 

若い時にはただ、お尻が大きいという悩みだったとしても、歳を重ねるうちに重力に従ってお尻の肉が垂れてしまうんです。
その後姿というと悲惨なものです。
 

実は、お尻の形や大きさは椅子の座り方が大きく影響していることを知ってましたか?
 

こんな座り方していませんか?


 
垂れた大きなお尻は、一気におばさん化になり、どんなにメイクや髪型をキメていても老けて見られるんです。
 

キレイなお尻を手に入れるために、普段のクセを見直していきましょう。
 

腰を丸めて座ると「四角い尻」に!

デスクワークの人や長時間座ってスマホを見る習慣がある人に多い、四角いピーマン型ヒップ。
 
いつも前かがみの姿勢で座っている事が原因です。腰を丸めて座っていると、お尻だけではなくお腹のお肉もたるみやすくなり、腰回りにも脂肪がついてしまうので注意が必要です。
 

背もたれに寄りかかりすぎると「垂れ尻」に!

日本人女性に一番多いとされている洋ナシ型のヒップ。
 
お尻の中心にお肉がついてしまい、ほっておくと年齢とともに垂れ尻になります。
楽だからと背もたれに体を預けたままにしていると、骨盤の重心が後ろに傾いてお尻が下がってしまい、ぽっこりお腹になってしまいます。
 

腰を反りすぎると「どっしり尻」に!

お腹を前に押し出すように腰を反って座っていると、骨盤が前気味になり、どっしりとしたボリュームのあるモモ尻になります。
 
骨盤が前に傾くと、お尻や太ももの筋肉が伸びて緩みやすくなります。
つまり、下半身デブになりやすくなるということです。注意しましょう。
 

正しい座り方で美しいヒップラインに


 
正しい座り方というのは、坐骨(ザコツ)で座るということ。
 

坐骨ってどこよ?っておもいましたよね(笑)
 

座った時に椅子に当たる骨を坐骨と言います。
お肉が邪魔で分からないと言う人は、椅子に座ってお尻の下に手を入れ、太ももの付け根あたりの左右にポコンと触れることができる骨を探してみてください。それが坐骨です。
 

美しいヒップラインになるには、骨盤を立てて、坐骨で座ることを意識すること。
腰が反らないように意識しながら背筋を伸ばし、両方の足の裏は床につけます。足を組んだままにすると骨盤が曲がってしまいますからね。
 

デスクワークの人や椅子に座る機会の多い人は、座り方がお尻に影響している可能性が高いです。
普段の座り方を少し意識するだけで、お尻は変わってきます。
 

2児のママでもありながら素晴らしい体型を維持している熊田曜子さんも座り方と姿勢だけでスリムボディを維持しているようです。
これといったダイエットや筋トレはしていないと言っていました。
 

それほど、座り方や姿勢によって体型は変わるようです。
これを知ったあなたはラッキーですね。
だって、辛いダイエットやヒップの筋トレをしなくても、お尻の悩みから開放されるんですから☆
 

ぜひ、座り方を今日から意識しておばさん尻から脱出しましょう。

この記事が気に入ったらグラハピを”イイね”

グラハピのLINE@始めました♡

グラハピからキレイになりたい...と思う女性の為の美容・健康やダイエットなどの裏情報を配信しています。お気軽にお友達追加よろしくお願いします♡